ホーム

 

景観舗装

インター1

ブロック舗装とは?
アスファルトやコンクリートではなく、既製のブロック状の板を敷き詰めて行われる舗装です。種類の異なるブロックを組み合わせることにより、様々な模様を作り出せることが特徴で、デザイン性が高く、歩道などに使われます。
また、ブロック自体も天然石や陶器、木材と様々な材料からなります。
ブロックは直接路盤には置かず、不陸(わずかな凹凸)を均すために砂や空練モルタルなどを敷いた上に施工します。

機能としては?
すべり抵抗性、耐久性に優れています。現場養生が不要であるため、敷設後直ちに供用することができます。
ブロックに透水タイプを使用すれば雨水等を地中に浸透させることもでき、周辺樹木等への環境にやさしい歩行空間が創造できます。また舗装の保水力も向上するため、都市におけるヒートアイランド現象の緩和に寄与します。
景観を重視する公園の遊歩道や園路などに使用されます。

インター2

 

<施工実績>
(大和開発観光(株)発注 堺市市内 南大阪霊園増設工事)

インター2

インター4

インター5